オリジン商事は、LED電気商品の開発、製造、販売並びに電気商品の輸出入を行っています。

LEDとは

【L・E・D】とは「Light(光る)」「Emitting(出す)」「Diode(ダイオード)」の頭文字を組み合わせたもの。
LED の技術は、1960 年代にはすでに開発されていたのですが、発展のきっかけは、1993 年の青色LED の開発。【青色発光ダイオード】にまつわる裁判と言えば、ピンと来る方も多いかもしれません。その後、1996年には白色LED が開発されて現在に至っています。

身近な使用例は、道路の交通信号機や携帯電話のバックライト、街中で見かける屋外の大型ディスプレイな ど。そして今後は、住宅の照明としての展開がますます期待されています。

長寿命

半導体が発光するLED は、住宅で使われている白熱灯に比べ寿命が長いのが特徴。その為、取替えがしにくい交通信号などにいち早く利用されてきました。

省エネ

交通信号を例にしますと、従来70W 必要だった消費電力が12W に削減と、かなりの省エネを実現しています。LED は、白熱灯に比べると発光効率(1W あたりの光の量)が良いため、消費電力が少なくなるのです。また、あと数年で蛍光灯にも追いつくと言われています。まさに期待の新光源です!

省資源

LED は、光源自体が小型化・薄型化が可能なため、器具のデザインがコンパクトにでき、省資源となります。また、寿命がながいことも省資源につながる要素と言えます。

Page top